私は精神的にも金銭的にも余裕が出来た頃に住まい探しを行い、いい物件に出会うことに憧れを感じています。

自由設計!憧れの住まいは注文建築

自由設計!憧れの住まいは注文建築

自分の物と呼べる住まいを持つことに、憧れを感じています。

私は今、親元で生活をしていますが、将来的には、1人住まいで自立した生活を送ることに憧れを抱いています。現在、持病のてんかんがあり、1人暮らしはちょっと怖いなあ、と思うことがありますが、もう完全に自立しなければいけない年齢ですので、それに向けてきちんとした計画も練っていかなければなりません。今は近畿地方への引越しを考えているところです。大まかなことは決まってきたので、これからは細かい部分の計画を立てていこうと思っています。

部屋は何でもいいので、とりあえず1kの部屋で、家具付きの物件を探そうと考えています。自分で家具を揃えてしまうと、もし持病が悪化して家を出なければならない場合に処分に困ることになりますので、とにかく家具がある、何かあった場合に体ひとつで動ける状態にしたいな、と考えています。こんなことに気を遣わなければならないのが悲しいですが、選択肢が減る分、いろいろなことが決めやすくなります。そう考えると、プラスになりますね。

さて、住まいに関しての本当の意味での憧れですが、まず、分譲マンションを購入し、完全に自分の物だと言える部屋が欲しいな、と思います。1kの部屋程度なら購入できるお金はありますが、今は身軽であることが必要なので、具体的に行動を起こすことはできません。それが少し辛いところですが、いつか必ず、賃貸ではなく自分の家と呼べる場所を確保したいな、と思います。未来のことを考えると、気持ちがわくわくします。病気の悩みも吹っ飛びそうです。